眠らないであなたの窓のマシンを目覚めさせる

Do not Sleepは、ニッチを完全に満たす超軽量でポータブルなアプリケーションです。パワープロファイルを永続的に変更することなく、Windowsマシンのシャットダウンや省電力を一時的に維持する必要があることがあります。

ポータブルコンピュータを起動してスリープ状態にしないで、コンピュータをシャットダウンしたり、スリープ状態に移行したり(スタンバイ/休止状態)、モニターをオンにしたい時間をどれだけ長くしたいかを教えてください。監視期間の終わりに、自分自身をオフにしたり、停止したり停止したり、コンピュータをシャットダウンすることができます。電源プロファイルやその他の設定を恒久的に変更せずに、コンピュータがハイバネーションモードをどのように処理しているか、スクリーンセーバーを起動しているか、その他の自動化されたタスクを変更する必要がある場合に最適なアプリケーションです。

下のリンクをクリックして詳細を読んでコピーを入手してください。スリープはフリーウェア、Windowsのみです。

Do not Sleep [ポータブルフリーウェアコレクション]

タイマーは素晴らしい機能ですが、必要がない場合は、同じことを行う電源プランを簡単に作成できます。

(*新しい*電源プラン、つまり永続的な変更を引き起こさないで、いつでも削除することができます)

あなたはX時間後にあなたのPCを自動的にスリープ状態にするにはどうしますか?

PadaSmore

Windowsではコマンドラインを使用してこの機能を有効にすることができます。つまり、同じ機能を実行するバッチファイルを作成できます。

テストする

スタート – >実行 – >(タイプ)CMDとOK;>プロンプトのブラックボックスで、次のように入力します。

shutdown -s -t 600; Enter;マシンが10分間でシャットダウンしていることを示すボックスがポップアップ表示されます

>プロンプトでタイプshutdown -aを取り消す

シャットダウンはコマンドで、shutdown /?オプションとスイッチを表示する

-sスイッチはPCにシャットダウン(Power Off)を指示し、-tスイッチはTime値を示し、時間は秒単位で表示されるため、コマンドの実行から600分になります

90分という特定の時間が必要な場合は、バッチファイルを作成することができます(必要に応じて時間の値を調整する)

メモ帳に次のように入力して保存すると、すべてのファイルタイプを選択してShutdown.bat; ===========; cmd / k shutdown -s -t 5400

========; [t値をSuitに変更する]

場所に保存し、右クリックして[デスクトップに送信]を選択し、[プロパティ]、[ショートカット]、[アイコンの変更]を右クリックして、名前をSHUTDOWNに変更します。

ノート

シャットダウンの開始をキャンセルする – 実行 – CMDおよびシャットダウン-a(-aスイッチはプロセスをキャンセルします)

特定の時刻にコンピュータをシャットダウンするには、スケジュールタスクを設定してバッチファイルを実行します(つまり、sceduledタスクは19.00で正常に実行され、19.15にコンピュータが正常に終了します)

ライトの兄弟は実験的な航空機で一緒に飛行することはありませんでした;これは、父親への約束を守り、両方が墜落しても航空プロジェクト全体が停止しないよう保証することでした。