アンテナケーブルの長さの1フィートあたりのwi-fi信号強度がどのくらい失われていますか?

あなたの家のWi-Fi範囲を広げるために、ルーターにアンテナを追加する準備ができている場合は、どれくらいの長さのケーブルを使用できますか?ケーブルの長さも重要ですか?今日のスーパーユーザのQ&A投稿には、好奇心を持った読者の質問に対する答えがあります。

今日の質疑応答セッションは、Q&Aウェブサイトのコミュニティ主導型のグループである、スタック交換の細分化であるスーパーユーザーからの礼儀です。

写真提供:タイラー・ニエンハウス(Flickr)

SuperUserリーダーSearockは、アンテナケーブルの長さ1フィートあたりに失われるWi-Fi信号強度の量を知りたい

私は私の家のWi – Fiの範囲を拡張することができるように私のルーターのアンテナを購入することを考えています。私は、このようないくつかの製品を見てきました。TP-Link TL-ANT2405Cインドアデスクトップ無指向性アンテナ

ケーブルの長さは130センチメートル(〜51インチ)です。ケーブルの長さを増やしたり、潜在的な範囲に影響を与えるかどうかは問題ありませんか?私が使用できるケーブルの最大長はどれくらいですか?

アンテナケーブル長の1フィートあたり実際に失われているWi-Fi信号強度はどれくらいですか?

スーパーユーザの投稿者Jamie Hanrahanが私たちの答えを持っています

任意の制限はありませんが、ケーブル長が長くなると信号強度が低下します。ケーブルの別のセクションを図示のものに追加するために必要なコネクタも同じ効果を有する。他のコメント作成者が指摘したように、信号強度が所定の長さでどのくらい減少するかは、ケーブルと周波数によって異なります。

Wi-Fiアンテナへのショート・ランのための一般的で比較的安価なケーブルはLMR100です。 2.4 GHz(一般的なWi-Fiバンド)では、15フィートのLMR100は約6 dBの信号損失をもたらします。これは、電力消費量をわずか約25%に削減することと同等です(各3 dBは電力の50%の利得または電力損失に等しい)。 LMR400ケーブルを使用すると、損失は約1 dBに過ぎませんが、高価で、柔軟性も低くなります(設置が難しい)。

dB単位の損失は、ケーブルの長さに比例します。 30フィートのLMR100ケーブルを使用すると、損失は12 dBになります(信号は約16分の1になります)。 7.5フィートのLMR100ケーブルでは、損失はわずか3 dB(信号の強度の約半分)になります。これらの数字はすべて2.4GHz Wi-Fiバンド用です。 5GHzのWi-Fiバンドでは、それはずっと悪くなります。

RG59(テレビケーブル/アンテナに使用されていた古い、より薄い同軸ケーブルで、 “F”または “BNC”コネクタが取り付けられているのが一般的ですが、正しいインピーダンスでもありません)、またはRG58正しいインピーダンスですが、これらの周波数ではまだ非常に損失があります)。これらのケーブルのタイプは、1GHzを超える周波数で使用されています。

インターネット上のさまざまなタイプのマイクロ波同軸ケーブル用の信号損失グラフと電卓を備えたデータシートを見つけることができます。ここにはさまざまな種類のケーブルを扱う電卓(ケーブル・ディーラーのウェブサイトにあります)があります。 dBを電力比に変換するには、このデシベル計算機を試してみてください。これは信号損失であるため、計算ボタンを押す前にdBを負数で入力してください。また、電圧ではなく電力比が必要であることにも注意してください。

最後の一ヒントケーブルを自分で組み立てないでください。すでに接続されているコネクタを使用してケーブルを購入してください。コネクタの組み立てに伴うわずかな間違いのように思えるかもしれませんが、これらの周波数で大きな損失を引き起こす可能性があります。そして、絶対にコネクタを切断して、同軸ケーブルをスプライスしないでください。あなたはその時点でアンテナを捨てるかもしれません。

説明に追加するものがありますか?コメントの音がする。他の技術に精通したStack Exchangeユーザーからの回答をもっとたくさん読んでみたいですか?ディスカッションスレッド全体をチェックしてください。

米国大統領が乗っている航空機は、「One」で終わるコールサインで指定され、軍用機はAir Force One、Marine Oneなどの支店名で指定されますが、大統領がオンの場合民間航空機はエグゼクティブワンと指定されています。