あなたのハイパーV仮想マシンのローカルおよびUSBハードドライブにアクセスする方法

Hyper-Vで実行されている仮想マシン内からWindowsコンピュータに接続されているローカルハードドライブ(内蔵ドライブまたは外付けドライブ)にアクセスすることは非常に便利です。しかし、それを達成する方法を正確に把握するのはとても便利ではありません。私たちがあなたを歩いていくうちに、それを読んでください。

データのアクセスとインポート、仮想マシンからのデータの外部ドライブへのダンプ、およびディスクイメージのインポートまたはエクスポートから、Hyper-V仮想マシンの内部から物理ハードドライブにアクセスする場合は、数多くのシナリオがあります。

Hyper-Vマシンの既存のローカルハードドライブにアクセスしたい理由が何であれ、残念なことに、ドライブが仮想マシンにアクセスできるようにするのは少し複雑です。他の仮想化ソリューションとは異なり、ホストマシンとHyper-V仮想マシン間でリソースを共有する簡単な方法はありません。

Hyper-Vマシン内でドライブを使用するには、物理​​的にアタッチされ、ホストマシンにマウントされた状態でドライブを取り出し、オフラインでホストコンピュータのディスクを仮想マシンに再ルーティングする必要があります。これを行う方法を見てみましょう。

私たちが進む前の簡単なメモ:このトリックは、ハードドライブ(磁気ハードディスクドライブ、ソリッドステートハードドライブ、リムーバブルUSBハードドライブ)でのみ動作しますが、フラッシュドライブなどの取り外し可能なメディアでは動作しません。

この手順には2つの主要なステップがあります。まず、ホストコンピュータ上のWindowsからディスクを管理してオフラインにする(ただし、電源は供給され、ホストコンピュータに接続されている)。そして、今オフラインのディスクを制御するようにHyper-Vに指示する必要がある。

最初の手順は、ディスクをオフラインにすることです。これを行うには、アプリケーション名を検索するか、検索ボックスに「diskmgmt.msc」と入力してアプリケーションを実行して、ディスク管理アプリケーションを開きます。ディスク管理では、仮想マシンに渡すドライブを探します。

Hyper-Vを使いこなし、物理ディスクパススルーなどの問題に関心を持っているので、既にディスク管理に精通しているので、標準的な警告を出さないようにすることができます。ディスク管理は強力なツールであり、管理システム内で大雑把に処理することで、システムにひどいことをすることができます。各ステップをダブルチェックし、正しいディスクで作業していることを確認してください。

私たちの場合、USBバックアップHDDであるDisk 10を仮想マシンに渡して、仮想マシンからディスクにいくつかのバックアップファイルをダンプすることができます。ディスクを準備するには、ディスク管理内のドライブのリストでそのディスクを探して右クリックし、上のスクリーンショットに示すように右クリックのコンテキストメニューから「オフライン」を選択する必要があります。

ディスクがオフラインであることを確認します。ディスクをオンラインに戻したい場合は、仮想マシン内でディスクの使用が終了したら、このメニューに戻り、ディスクを右クリックして、「オンライン」を選択して、ホストオペレーティングシステムのディスクをオンラインに戻します。

ディスクがホストオペレーティングシステムに対してオフラインになったら、Hyper-V内の仮想マシンにディスクを追加します。 Hyper-Vを起動し、仮想マシンの一覧からハードディスクを渡すマシンを選択します。

マシンを右クリックし、[設定…]を選択します。

特定の仮想マシンの[設定]メニューから、左側のナビゲーションペインで[SCSIコントローラ]を選択します。 「ハードドライブ」を選択し、「追加」ボタンをクリックします。

注:ハードドライブを仮想化されたオペレーティングシステムに渡すことを前提としています。これは、すでにOS用のSCSIコントローラと仮想ディスクがあることを意味します。まだSCSIコントローラがない場合は、まずナビゲーションペインの上部にある「ハードウェアの追加」を選択し、仮想マシンに「SCSIコントローラ」を追加する必要があります。

[物理ハードディスク]を選択し、ドロップダウンメニューから、チュートリアルの前のセクションでオフラインにしたディスクを選択します。誤って使用しないホストマシンから誤ってディスクを選択する可能性はありません。物理ハードディスクメニューで選択できるディスクは、電源が供給され、ホストマシンに接続されているがオフライン状態のディスクだけです。あなたがそれをオフラインにしていないと、オプションでさえありません。

選択したディスクが必要なディスクであることを確認します。 “Apply”ボタンを押し、 “OK”を押します。仮想マシンを起動します。

大部分のケースでは、仮想マシンがエミュレートしている実際のマシンに接続されている物理ディスクのように、ディスクをホストオペレーティングシステムによって自動的に検出する必要があります。

以下のスクリーンショットの場合、Windows PEとMacrium Reflectを使用してイメージ復元手順をテストする仮想マシンを起動しました。 Windows PEは、自動的にディスクを検出し、障害なくマウントしました。

ディスクが仮想マシンオペレーティングシステムにすぐにアクセスできない場合は、Windowsの場合はディスク管理を開き、ディスクをオンラインにする必要があります。他のオペレーティングシステムを使用する場合は、仮想OSを介してディスクにアクセスするために同等のアクションを実行する必要があります。

ここで注意すべき重要な言葉です。仮想マシン内のOSは、このディスクが実際にホストマシンに属していることを知らず、ディスク上で動作するように指示します。ディスクが仮想マシンOSに自動的にマウントされない場合は、ディスクを非破壊的にマウントしてホスト操作に戻すことができるように、マウント手順(該当するOSのマニュアルを参照)を使用する必要があります後でシステム。

仮想マシン内のディスクが不要になったら、単に仮想マシンを起動します。ドライブが接続されている仮想マシンをオフにするまで、ホストマシン経由でドライブ状態を変更しないでください。

再度使用しない場合は、仮想マシンの仮想SCSIコントローラからハードドライブを完全に取り外すか、エントリを離れることができます。物理ドライブがホストマシンから切断されたり、ホストオペレーティングシステムでオンラインになったりするたびに、そのドライブは仮想マシンで使用できないと表示されます。

もし車が自転車ほどエネルギー効率が良いならば、それはガロン当たり912マイルになるでしょう。